読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Escape to the Movies!

サブカル好きが好きなものを語るだけの雑多なブログ。

【少年リック版】大怪獣シリーズ「シン・ゴジラ」ゴジラ(2016)【徹底レビュー】

映画 映画-終末系 映画-クリーチャー フィギュア


f:id:C_G_M_movie:20170106141507j:image

マキ教授「私は好きにした、君らも好きにしろ」

同「あれ?でも私、生物学じゃなくて脳科学専攻してた気がした。」

 

物凄く久しぶりの投稿になりました。

今日紹介するのはエクスプラスより発売中の大怪獣シリーズ「シン・ゴジラ」よりゴジラ(2016)です!!

実はこのフィギュアは2種類出回っていて今回紹介するのは口が開口した...というより熱線バージョンの付け替えヘッドが付属した少年リック版のシンゴジになります_(:ᗉ」∠)_

 

カラーリングも放射線流を出す際の色合いになっていて体の各所に紫のクリアパーツが使われています。

クリアパーツなので光を当てると光って見えるし光が透けるのです。

 

早速レビューしていきます。 
f:id:C_G_M_movie:20170106142114j:image

 こちらがパッケージ。
f:id:C_G_M_movie:20170106142255j:image

この箱の中に箱はなくてそのまま型と一緒に入ってます。

大きいのですが中身が空洞なので結構軽いです。

開封していきます_(┐「ε:)_
f:id:C_G_M_movie:20170106142458j:image

マキ教授「少年リックのシンゴジラがかっこよすぎる件について」

ねんどろいどと比較するとこんな感じ。

あとで一番くじのビッグソフビフィギュアとの比較画像も紹介する予定ですが1回り以上大きいです_(:ᗉ」∠)_

 

ここからはひたすら写真貼ってく。
f:id:C_G_M_movie:20170106143224j:image

シンゴジは元々左右非対称に造られているので角度によってビジュアルが変化する。

左からの視点はパッケージで使われている角度。ポスターもこっちからですね!個人的にはこっちからだと人間っぽく見えてくる。逆はビーストっぽい。
f:id:C_G_M_movie:20170106143505j:image
f:id:C_G_M_movie:20170106143533j:image

造形、色合い、肌の質感、どれをとってもやばい(語彙力低下)

歯並び見てください。我先にと不揃いに生えた鋭い歯。一番くじA賞とは違い、劇中のゴジラの造形をかなり忠実に再現しています。
f:id:C_G_M_movie:20170106143943j:image

更にアップ。

シンゴジの特徴的な大きな尻尾。
f:id:C_G_M_movie:20170106144040j:image

箱に入っていた時は尻尾がこの位置で別れているので各自で本体とはめ込む必要があります。

最初の難所。物凄く硬いので破損を避ける為に工夫する必要があります( ´_ゝ`)

自分の場合はある程度手ではめ込んでこれ以上入らないから!って段階で暖房で少し先を暖めたボールペンの先(丸い)で押し込みました。

少し無理してやっと入る。
f:id:C_G_M_movie:20170106144557j:image
f:id:C_G_M_movie:20170106144622j:image

よくこの毒持ってますみたいな色合いで違和感なく東京歩けてますよね( ´_ゝ`)

え、浮いてた?みんな避けてた?

マキ教授「知らない子ですね」
f:id:C_G_M_movie:20170106144837j:image

尻尾の先端部分。このディテールです。クリアパーツでしっかり造形されてます。
f:id:C_G_M_movie:20170106144936j:image

背鰭行きましょう背鰭!

シンゴジの背鰭は角張ってて好き。
f:id:C_G_M_movie:20170106145015j:image

熱線バージョンなので背鰭は紫のクリアパーツで出来てて光を当てると透けます。
f:id:C_G_M_movie:20170106145256j:image

マキ教授「生物の神秘がこの背中には詰まってますね。異論は認めない。認めないからな!」
f:id:C_G_M_movie:20170106145529j:image
f:id:C_G_M_movie:20170106145614j:image

次は肢体。
f:id:C_G_M_movie:20170106150006j:image

 元が海棲生物だったとは思えないこの体。海に戻って進化したはずの第四形態は海に適応するどころか陸に適応する進化を遂げました。

マキ教授「海の中で何を思って進化していったのかしら...。脳科学的にも興味深いわ。あ、私か...!(仮説)」
f:id:C_G_M_movie:20170106150441j:image

爪が怖い。

放置してたらどうなってたんだこのクリーチャー。
f:id:C_G_M_movie:20170106150616j:image

体の皺や進化の痕はライトの当て方で凄く変わってきます。光を当てるほど濃くなってくる。
f:id:C_G_M_movie:20170106151012j:image

この部分から首の付け替えが出来ます。

こっちも硬いけどやっぱり尻尾の方が硬い( ´_ゝ`)
f:id:C_G_M_movie:20170106151303j:image
正面から。熱線の為だと思うけど造形が少し前傾なので頭が強調されてしまう分、鎌倉上陸時の直立したようなビジュアルは出来ません( ´_ゝ`)

次はライトサイド!
f:id:C_G_M_movie:20170106151629j:image

個人的にはこっちからの角度の方が好きです_(┐「ε:)_
f:id:C_G_M_movie:20170106151925j:image
f:id:C_G_M_movie:20170106152017j:image

タバ作戦の武蔵小杉上空で自衛隊の集中砲火を浴びたゴジラが無傷で日本を見下すシーンのゴジラのビジュアルも再現できでます。
f:id:C_G_M_movie:20170106152044j:image
かっこいい。ひたすらかっこいい。
f:id:C_G_M_movie:20170106152141j:image

 少し下から。この見下されてる感。仮に牧教授がゴジラに取り込まれてて且つ、意志がまだ残っているとするならゴジラの侵攻がまた違って見えてくる。

お待ちかねの時間です。
f:id:C_G_M_movie:20170106152352j:image

これが少年リック版の真骨頂、熱線バージョンの付け替えヘッド。

マキ教授「本当の私、デビュー(仮)」
f:id:C_G_M_movie:20170106152719j:image

 付け替え後の全体像。より前のめり感が強くなりました。
f:id:C_G_M_movie:20170106152836j:image

 少し後方から。
f:id:C_G_M_movie:20170106152903j:image

映画を観た方は勿論ご存知だと思いますが熱線バージョンのゴジラは瞬膜で目が銀色(?)の膜に覆われ口が裂けます。
f:id:C_G_M_movie:20170106153630j:image

パンフレットにも載っていたあの熱線放射中のゴジラに寄ったシーンのビジュアルが再現されてます。
f:id:C_G_M_movie:20170106153811j:image

 口内もクリアパーツ。光ってるように見える。色使いがやばい(語彙力低下)

そしてこの歯。
f:id:C_G_M_movie:20170106154026j:image
マキ教授「ガッジーラ...まさに神の化身ね(雰囲気に飲まれた風に)」
f:id:C_G_M_movie:20170106154211j:image

マキ教授「私がゴジラだ(仮)」
f:id:C_G_M_movie:20170106142850j:image

一番くじA賞のシンゴジラと比べるとこんな感じです。一番くじの方は1回り小さい。

久しぶりに見たけど一番くじのシンゴジラも改めて凄くかっこいい...。

大怪獣シリーズシンゴジラの通常版の色味も気になるところ_(┐「ε:)_

ここまでお付き合いありがとうございました_(:ᗉ」∠)_

このブログでは下からの写真をあまり載せなかったのですが下からの角度もまたビジュアルが変わって楽しい!!!

 

*******

 

買って損するなんてことは120%ないので興味を持った方は是非思い切ってみてください!

雛形と違って置き場に困るほど大きくもないので_(┐「ε:)_

 

マキ教授「私は好きにした、君らも好きにしろ。」

( マキ教授「決まった...!(ドヤ顔)」 )

 

つまりそういう事です(笑)

 

 

東宝大怪獣シリーズ ゴジラ 2016 全長約500mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

東宝大怪獣シリーズ ゴジラ 2016 全長約500mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア